すけLIFE

男性が結婚式の服装で注意すべき5つのポイント

calendar

reload

男性が結婚式の服装で注意すべき5つのポイント

結婚式というのは良いですよね。
本日、友人の結婚式に呼ばれて行ってきました。

仲の良い友人が結婚すると、なんだか自分のことのように嬉しくなります。

僕もいい歳なので、何度か結婚式には出席していますが
初めて結婚式に呼ばれたときは、スーツやネクタイはどんなものを選べばよいのか
よくわかりませんでした。

なので、今回は結婚式に行くときは
どんな格好が好ましいのかを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

まずはスーツを選びましょう

結婚式では黒色のものが基本ですが
最近ではグレーやネイビー等のスーツを着ても特に問題はありません。

この辺は年代によって分かれているみたいで、40~50代の方は黒色のスーツをよく着ているみたいですが
20~30代の方はネイビー系の色のものを着ている印象がありますね。

柄も、ストライプ程度のものであれば問題ありませんが
新郎新婦の親族も当然出席されるので、あまり派手なものはやめておいたほうが無難ですね。

友人の結婚式だから少し暗い派手に決めたいという方は
ネクタイや小物類で変化を付けると、さりげなくて格好良いのではないでしょうか。

シャツは基本的には白色のものを選ぶようにしましょう。
ただ、絶対に白というわけではないので、薄い色合いのシャツでも問題ありません。
会場の雰囲気に合わせて、選ぶと良いと思います。

ネクタイの色や柄の選び方

次にネクタイですが、黒色のものは絶対にNGです。
柄が入っているものであっても、黒のネクタイだけは絶対にしてはいけません。

基本の色としてはシルバーやライトグレーのもので、柄が入っていても問題ありません。

少しおしゃれにしたいという人は、ピンクや青系のネクタイにしたら他とは違う感じ出ると思います。
かといって、物凄い派手な色と柄のネクタイをつけるのは控えたほうがいいでしょう。

結婚式の主役は誰なのかを忘れてはいけません。

タイピンやポケットチーフは必要か?

このへんは付けても付けなくても大丈夫です。
個人的にですが、20代くらいの方はあまりつけてない印象を受けます。

ポケットチーフをつけるのであれば、ネクタイの色と合わせるのが基本です。
タイピンも、上着を脱ぐ機会があるようでしたら、あまり派手でないものを付けるのが良いでしょう。

靴と靴下について

靴は黒のものが正式な格好といえますが
友人の結婚式であれば、装飾等がなければ、ブラウン系のものでも問題ないです。

靴を選ぶときは、シンプルなものを選ぶのが無難ですね。
靴の色が決まったら、ベルトも同じ色のもものを選ぶようにしましょう。

次に靴下ですが、黒色のものを用意しましょう。
ネクタイと同様に、多少派手なものでも良いのではと思うかもしれないですが
靴下は黒色が原則です。
座ったときに素肌が見えないように、ある程度の長さのものを用意しておくようにしましょう。

鞄の色や大きさについて

男性であれば、荷物が殆どないという方もいると思います。
そういった方でれば、カバンを持っていなくても問題はないです。

荷物があるという方は、自分の荷物の量にあったサイズの鞄を用意しておきましょう。
色は黒やブラウン等で柄物はNGです。
スーツに合った色を選ぶのが良いと思います。
カバンは1つでも持っていれば、様々な場面で使用できるので
持っていないというかたは、1つだけでも持っておいたほうが便利だと思いますよ。

当然ですが、普段仕事で使用しているカバンを使うのはやめましょう。

まとめ

さて、少しは参考になったでしょうか?
初めて結婚式に呼ばれたけど、格好に悩んでいる方
何度か呼ばれているけど、あまりよろしくない格好をしていた方の参考になればと思います。

中の良い友人の結婚式で、派手に決めたい気持ちもわかりますが
最低限のマナーを知識として入れておくと、今後役にたつと思います。
親しき中にも礼儀あり。というやつですね。

結婚式には友人の親族だけでなく、相手側の親族も来るということを忘れてはいけません。
我々招待された側の印象が、招待してくれた友人の評価にも繋がる可能性もあるということを覚えておきましょう。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す