すけLIFE

仕事が忙しいときの対策と乗り越える方法

calendar

reload

仕事が忙しいときの対策と乗り越える方法

仕事って比較的楽な時期と、ものすごく忙しい時期がありますよね?

実際、僕は今仕事がかなり楽な時期で
残業も片手で計算できるくらい余裕なんですが、
昨年度の11月〜2月にかけては、残業時間がヤバいことになってました。

仕事が忙しすぎてやってられない…
そんな時はどうやって乗り越えれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

忙しい時期を乗り越えるには

職種によっては、忙しい時期が周期的にきたり
不意にきたりすると思います。
僕の現在の職場は不意にその時期がやってくるため
結構大変です。

周期的にやってくるのであれば、そこに合わせて仕事量を調整したり、あらかじめ覚悟しておけばある程度は乗り越えることができるんじゃ無いかなと思います。

しかし、不意にやってくる場合だと対策のしようもないと思います。
普段から警戒しておく、なんてこともストレスが溜まるだけなのでオススメしません。

ではどうすればいいのか?

効率よく仕事ができる方法を考える

出来る出来ないは別として
まず、効率よく仕事をするにはどうしたら良いのかを考えるのが良いかと思います。

ただ闇雲に自分に与えられた仕事をしても、無駄に残業時間を増やすだけです。
どの仕事を終わらせてから次の仕事に取り掛かれば楽になるか、普段から仕事の流れを考えて行動するのが良いと思います。

与えられている仕事の期日をよく確認して、どの仕事から終わらせるべきかをしっかり確認しましょう。
期日までを逆算し、1日の仕事量をあらかじめ決めることが大事ですね。
かといって、期日が近いものから始めても効率的とは言えません。
自分がどういう順序で仕事を進めるべきかをよく考えましょう。

簡単な仕事から始めて、期日に間に合わなくてパニックになる。なんてのは論外です。

仕事が急に忙しくなっても焦らず、まずは自分の仕事を整理し、しっかり計画を立てて行動することが大事です。

他の人に頼る

どうしても仕事が終わらないときは、無理をせず誰かに頼ることも大事だと思います。
無理に抱え込んでパンクしたら元も子もありません。

仕事を手伝ってもらう=仕事が出来ない
なんてことはありません。
同僚でも先輩でも、頼れるものは頼るべきだと僕は思います。
忙しい人に頼るのではなく、手が空いてそうな人に、簡単な雑用をお願いするだけでも違うと思います。

同じ職場の仲間を頼ることは悪いことではないのです。

ただし、今回助けてくれた人が忙しそうにしているときは
手伝えることはないかを、進んで聞くようにしましょう。
それが組織というものだと、僕は思います。

ストレス発散方法を考えておこう

仕事が忙しくなるとストレスが溜まります。
そのストレスを発散する方法を考えておくと、多少はイライラが解消されるかもしれません。

ちなみに僕の場合ですが
僕は車で出勤しているので、仕事帰りは必ず好きな曲をかけて1人で熱唱しています。

どんなことでもいいのです。
仕事帰りでも休日でもいいです。
1人で何かしてもいいし、気を使わずにすむ友人と何かするのもいいと思います。
なにか1つでも、自分のストレスを発散できる方法があれば
仕事が忙しくても、気が楽になるんじゃないでしょうか。

自分へのご褒美を考えておく

忙しい時期を乗り越えた後の、自分へのご褒美を考えて仕事すると
乗り越えたときに達成感があり、やる気も出るんじゃないでしょうか。

仕忙しい時期を乗り越えたときでなくても、その日を乗り越えた自分に何かご褒美をあげるのもアリだと思います。

忙しい時期を乗り越えて、何か大きなご褒美を考えておくのも良いですし
1日を乗り越えたご褒美に、小さなことを自分にするのも良いと思います。

他の誰にでもない、自分の為に仕事をしている。
そう考えて仕事をすればモチベーションを保てるのではないでしょうか。

まとめ

いくつかの方法を書いてみましたが、どうだったでしょうか?
僕自身が、仕事をする上で大事なことだと思うことを今回は書いてます。

仕事が忙しくて悩んでいる。
何のために仕事をしているかわからない。
そういった方の目にとまって、少しでも解決策に繋がればいいなと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す